薄毛を隠しやすい髪の長さは何センチくらい?

薄毛対策の一つとして短髪や坊主という選択肢もあります。

薄毛で悩んでいて、髪の長さを気にしている人であれば知っていると思いますが、薄毛を長髪で隠すことに対して女性はよく思っていないという意見が多いです。そうはいっても薄毛で悩んでいるのに髪を短くするのは隠す髪が短くなるため、非常に勇気のいる行為です。

「失敗したらどうしよう」この不安感が胸を襲います。

そんな方のためにこちらでは薄毛を隠すのに適した髪の長さについて紹介します。


まず、先にもお伝えした長髪ですが、髪が長ければ長いほど薄毛部分は隠しやすいです。しかし、密度が足りなかったり、髪が太くないため、髪がぺったんこになり、ボリューム感が得られずわかる人にはわかるのが本当のところです。といっても普通の人から見れば薄毛がそれなりに進行していない限りわかりません。

ただし、常に髪型が気になり、髪を触る機会が増えたり、風や水が非常に怖くなります。そういったストレスを解消するためにも思い切って髪を短くするのもいいでしょう。


では、本題ですが、適切な長さはどれくらいなのか?

これは30mm~40mmくらいをおすすめします。3cm~4cmですね。これくらいであれば短すぎず、髪の毛をうまくセットすることで薄毛もわからなくなります。

選択肢として坊主を考えている方もいると思いますが、坊主の薄毛は実は意外と目立ちます。カミソリで剃り上げるくらいにツルツルにしてしまえばわかりにくくなるとは思いますが、1mm~6mmくらいは逆に目立つことになりかねません。短い分密度の高い部分と低い部分で差が出やすく、髪の毛一本一本の太さもわかりやすくなります。それでいて隠す手段も増毛剤かカツラくらいしかありません。

髪を伸ばそうにも一度坊主にしてしまうと隠しながら伸ばすのも意外と難しいので1cm以下の坊主にする場合は慎重に行う必要があると思います。

ただ、1cm以下にすると抜け毛が気にならなくなる精神的メリットは大きいです。ただし、隠すのには向きません。

そのため、やはり3~4cmくらいがわかりづらいベストな短さかなと思います。3~4cmあれば意外と髪型も遊べるので短髪にする際は考えてみてください。


もちろん、短髪時の薄毛のわかりやすさは薄毛の進行度によっても変わりますが、ハミルトンノーウッド分類などでいう2~3の段階の方であればこれくらいの長さで対処できるはずです。

どちらにしても心配であればいきなり髪を短くするのではなく、段階的に少しずつ短くしていくのがおすすめです。髪の長い状態から3~4cmは少し不安と言うことであれば5か6cmから始めてみるのもいいでしょう。

短髪にすると抜け毛もわかりにくくなりますし、精神的にも楽になりますし、隠すストレスも軽減されるので試してみることを推奨します。ただし、薄毛対策をやめたら薄毛は進行していくので植毛や育毛を考えることは大事です。ここは忘れないようにしてください。


最後に「自毛植毛と向き合うブログ」として一つ、植毛のことを考えた場合は術後の後頭部の傷、または、刈り込みを隠すためには後頭部の髪は5cm以上を推奨します。ヘアシートを使う場合でも隠しやすく、メスを使った手術を選択した場合も傷を隠しやすい長さになります。

短髪にした後の薄毛治療のことも考えておくと良いでしょう。
スポンサーサイト

薄毛は早期対策・早期治療!なるべく早く始めた方がいい理由

これは植毛に限らずですが、植毛をはじめとする薄毛対策は薄毛が気になり出したのであれば早急に始めるのが望ましいものです。

そもそも、「薄毛が気になる」この状態になるのは、薄毛・AGAがある程度進行したために起こっている悩みです。一般的に本来の密度を100%ととした場合、薄毛が気になり出すのは50%を下回った頃だと言います。

70%や60%ではなかなか気づけないほど変化が起こりにくく、全体にボリュームダウンし、50%を切った頃にやっと自身で気づき始めるのが薄毛症状です。さらに、薄毛は進行性の症状のため、放っておけば日々薄毛は進行していくものです。勝手に止まってくれることはありません。(円形脱毛症などの場合は時間が経てば治りますがAGAは止まりません)

そのため、気づいたときすぐに、または、気になり出す前に対策を始めるのが理想なんです。

ただ、薄くなっていると気づいていない段階で薄毛対策を始めることができる人は少なく、どうしても対策や予防が後手に回る人がほとんどです。

気付いても隠す方向に動いてしまうのも対策を遅らせる原因ですが、これは薄毛は恥ずかしいという文化、共通認識があるためどうしようもないことです。(自分が吹っ切れてしまえば別ですが)

植毛は薄くなった場所に健康な髪を移植することで髪の毛を増やす、ある意味で増毛的な効果が期待でき、現在ある薄毛治療の中でも最も確実性の高い方法です。薬やメソセラピーなどの薬・薬剤による治療は回復までの効果はあまり期待できず、効果を実感できるのは実践者の半数にも満たないのが現実です。90%とうたっているクリニックなどもいますが、あれには目に見えて効果を実感できていない、効果があった気がする人も含まれているためあまり信用はできません。また、人はお金をかけて行ったものに価値を感じてしまう傾向があるのもその要因の一つでしょう。

薬などによる薄毛治療はあくまでも現状維持で回復はになっていません。このことからもわかるように、現状維持はできるので早期対策、早期治療であれば、薄毛の進行を一時的に遅らせることができるということでもあります。

植毛をするにしても、薬による治療を行うにしても、早期対策、早期治療は重要で、早ければ早いほど良いので迷ったとき、判断できないときはまずはクリニックの無料カウンセリングなどに出向いてみることをおすすめします。スタートを間違ってしまわないためにも重要なことです。

ある程度進行した薄毛の場合は、植毛+薬など、植毛を行った上で対策を続けるのも回復の実感を得ながら、今後は予防的に薬を使うこともできるためおすすめです。

自毛植毛を周りにばれずに受けるには?

前回のエントリー「クリニックへ訪問することの恥ずかしさを消すには?」でお伝えしたことに関連することで、植毛手術を受ける際はなるべく植毛手術をしたことを周りの誰にもばれないようにしたいと考えるものです。

特に今まで一人で薄毛の悩みと向き合い、戦ってきた人は最後までばれない様に隠し通したいと考えるものです。

植毛を受けるときに躊躇してしまうポイントの一つがこの「ばれ」の部分です。そのために、なるべく自然に休みが取れる、お盆休みやお正月休みに手術を受ける人が増えるんですね。

では、本題のどうすればばれずに植毛を受けることができるのか?
この部分について考えてみましょう。

方法はシンプルですがいくつかあります。


1.休みを豊富に取る(誰とも会わない時間を作る)
2.カツラを被る(頭部を隠す)
3.周りの髪の毛で隠す
4.頭部を隠す理由を作る

主にこの4つになるでしょう。むしろこれ以外に方法があるのなら知りたいくらいです。

「1の休みを豊富に取る」は先にもお伝えした通り、長期休暇を活かして手術のタイミングを調整することです。長期休暇に有給などを利用してさらに期間を延ばすと術後の頭皮が自然に馴染むまでのダウンタイムを長く取ることができます。

「2のカツラを被る」は読んで字の如くカツラを被ります。ただし、術後1週間はなるべくカツラは被らない方がいいので(移植毛の生着に影響が出る可能性がある)やはり1週間は休みを取った上での週明けからのカツラ利用が理想と言えます。

「3の周りの髪の毛で隠す」はAGAの進行がまだ初期段階の人しか使えませんが、移植前にある程度髪を伸ばしておくことで、移植後は周りの髪で移植部を隠すように髪をセットすると良いでしょう。

「4の頭部を隠す理由を作る」は何か頭を隠さなければいけない理由を作るということです。例えば、頭部が炎症を起こした。怪我をした。などですね。理由によっては一時的に包帯などで頭部を隠すこともできますが、包帯を取った後に「見せて」と言ってくる人もいるので注意。

このような方法のどれかや複合で植毛手術をしたことを気付かれない様にすることもできないこともありません。

自毛植毛体験者のブログなどを読んでみるとだいたいどれくらいでj術後の頭皮が馴染みだすのかを参考として知ることもできるのでそういった実際に体験した人の声を参考にしてみるのも良いでしょう。


目安として、植毛がばれやすいのはかさぶたが残っている期間です。かさぶたが一通り落ちてしまえば移植部に関しては植毛した痕跡はほとんどわからなくなるのでかさぶたが落ちるまでの期間、だいたい1~2週間を隠し通すことができれば、その後は余程まじまじと頭皮を見られることがない限りは植毛手術がばれることはないでしょう。


なので一番いいのは1と3の組み合わせです。
なるべく長期の休みを取り、坊主ではなく、多少髪を伸ばした状態で手術を受けることでしょう。

クリニックへ訪問することの恥ずかしさを消すには?

いざ自毛植毛を受けようと思った時、または、自毛植毛を薄毛治療の候補に入れたときに気になりだすのが、自毛植毛をはじめ、AGAクリニックに行けるのか?ということ。

クリニックは初回無料カウンセリングがほとんどで、誰でもクリニックに足を運ぶことができればカウンセリングをうけることができますが、要は薄毛治療のためにクリニックを訪れることができるのか?ということです。

ただ、行けばいいと思ううちはまだ本気で悩んでいない段階か、そうそうたる決意を持った方くらいでしょう。もちろん、人にもよりますが、薄毛で悩んできている人というのは薄毛を周りに隠している人が多いです。そういう人にとって、クリニックであれ、薄毛の相談に行くこと、治療に行くことに恥ずかしさを感じる方は多いです。

特に誰にも相談したことがない方ほど躊躇する部分です。

意外とこの「恥ずかしさ」という要素も自毛植毛手術の侮れない要素で、人の目や評価を気にしてしまうあまり、行きたいけど行けないでいる人というのも多いものです。

恥ずかしさを感じていても、相手は薄毛治療のスペシャリストでこれまでに同様の悩みを持つ方を数百・数千人見てきています。そのため、あなたのことも数千人の患者のうちの一人として、対人として接してくれるので恥ずかしがる必要はありません。後でなんか噂話とかされるんじゃ?なんてネガティブに考えてしまいがちですが、そんなことはなく、一人の患者として診てくれますので安心して訪問すると良いでしょう。

ただ、それでもなかなかクリニックに足が運べない、どうしても躊躇してしまうという人は、例えば、カウンセリング予約の前に資料請求をしたり、クリニックによっては写真で相談することもできるのでそういったサービスを利用してみると良いでしょう。

写真での相談になるので簡易的な診断にはなりますし、後々カウンセリングへの訪問を勧められることにはなりますが、一度相談した状態だとクリニックへの訪問も気が楽になりやすいメリットはあると思います。

植毛手術を受けるにはどちらにしてもクリニックを訪問することになるので、手っ取り早くカウンセリングに向かうのが一番早く、確実ですが、この「訪問しにくい」という悩みは多くの薄毛に悩む人が抱えている問題でもあるので、恥ずかしさを感じたときは少しでもクリニックに行きやすいように段階を踏んでいくのもいいでしょう。

自毛植毛の満足度はあなた次第!仕上がりは密度と予算次第

自毛植毛体験談などのブログを見ていてたまに思うのは、自毛植毛を行ったのに満足いく仕上がりにならなかったという声。(怒りの声)

もちろん、満足いかなかった人以上に満足いっている人の方が多いのですが、満足いかなかった人の多くは、クリニック選びで失敗しているか、単純に予算の関係もあるとは思いますが、植毛本数・費用をケチったがために満足いく密度が得られなかった人が多いように思います。

前者の場合はクリニックにも問題があると思いますし、同情しかありませんが、適当に近いからとか、安いからという理由で選ぶ人に多い気もします。後者は単純に自分のせいである場合が多いのではないかとさえ思います。

自毛植毛などの植毛手術は非常に高額なため、それぞれの懐事情によって使える金額も変わりますが、なぜ今後に大きく関わる大事な場面で少しの金額をケチってしまうのかは少し理解に苦しむ部分もあります。

逆に数十万円のお金で出せるお金と出せないお金があるのであればあまり自毛植毛をするタイミングではないのではないかと思います。そういう意味で予算があまりに低い方は自毛植毛に向いていないのではないかと思います。

クリニックにもよりますが、多くのクリニックでは「ローン」という選択肢もあります。
ローンは金利も高くなりますし、なるべく避けたいと思うのが共通の思いだとは思いますが、だからと言って、密度アップをケチってしまい、「予算の中で最大限密度を高める」としてしまえば当然予算内でしか手術は行えず、密度の高い手術ができない可能性も出てきます。当然、髪の密度は減るため満足度は下がる傾向はあります。

予算をある程度決めておくのは当然のことですし、大切なことではありますが、予算を厳守するのか仕上がりの満足を取るのかはあなた次第であり、その選択が仕上がりの満足度を大きく変えます。

クリニック選びはもちろんですが、自毛植毛は1度で満足する仕上がりまで持っていくのか、また、2度の手術で満足いく仕上がりに持っていくのかも含め、予算の許す限りは理想に近い植毛手術を受けた方が後々悩まなくて済むはずです。

お金が、しかも大金が絡む部分なので非常に決断が難しい部分ではありますが、植毛を受けると決めたのであれば、自分の満足いくところまではしっかりとお金をかけるべきだとも思います。逆にその準備ができていないのであれば、植毛手術自体を先延ばしにするか、ローンという手もあるのではないかと思います。

薄毛による悩みで性格まで消極的になる方も多いですが、ある意味で人生を変えるかもしれないイベントになるのでなるべく満足できるところまでお金はかけた方が良いと思います。

どこを重視するかはその人の年齢も含め、人それぞれだとは思いますが、一つの参考にしてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。