スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自毛植毛は半永久的に髪が生え続ける唯一の方法

自毛植毛は外科手術であり、育毛剤の服用や育毛シャンプーによる薄毛対策と比べると誰にでも気軽に取り組める方法ではありません。また、育毛剤や育毛シャンプーと比べても遥かに高額になります。

麻酔を使い手術は行うものの、わずかではありますが痛みも伴います。また、他の方法と比べても対策の跡がわかりやすく、1週間単位での長期の休みが取れないと誰にもバレずに施術を行うというのは難しくなる傾向はあります。(術式によっては休みを取らなくても周りにバレにくくする方法はあります)

このように対策に伴うリスクはとても大きいですが、それだけにやはり効果も他をしのぎます。

薄毛対策として効果のあるものは2010年に発表された「男性型脱毛症診療ガイドライン」によっても定められていますが、高い効果が得られるのは「ミノキシジルの外用」と「フェナステリドの内服」を除けば「自毛植毛」しかありません。

また、ミノキシジルやフィナリテリドは効果的ではありますが、AGA(男性型脱毛症)が進行した髪にとっては目覚ましい効果は期待できず、せいぜい進行を食い止めるのが限界でもあります。もちろん症状によっては回復の可能性もありますが、初期段階でもない限り回復は難しいのが現状です。

その点に置いて自毛植毛は髪の移植により、今後も生え続ける髪の毛を薄毛個所(男性型脱毛症が進行する個所)に移すことでAGAの影響を受けずに生涯生え続けます。

薬の外用、服用による対策は薬を飲むのをやめれば進行が再度進みますが、植毛は一度植えた髪は半永久的に成長を続けるため、対策なしでも進行が進みません。植えた以外の髪やAGA進行中の他の髪は今後も抜け落ちる可能性はありますが、植えた毛は簡単に抜け落ちることはなくなります。

また、薬は人によって個人差がとても大きく、効く人もいれば効かない人も多く、薬の効きを判断するのが難しい場合も多いのが難点ですが、自毛植毛は傷跡への定着率は低いものの、それ以外の箇所であれば定着率が90%を超えるほどに高く、施術を行った人のほとんど全員が効果を実感できる方法です。

このように「確実に」効果を得られる薄毛対策は現在の医療技術では自毛植毛のみであり、施術後に半永久的に髪が生え続けるのも自毛植毛のみになります。

施術へのハードルは他のどの対策よりも高いのは確かですが、効果の高さも確かです。なかなか自毛植毛への第一歩を踏み出すのは勇気もいると思いますが、選択肢の一つに入れてみるのも良いと思います。体験談・体験記などを参考に生の声を確認しつつ、検討してみることをおすすめします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。