スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自毛植毛を周りにばれずに受けるには?

前回のエントリー「クリニックへ訪問することの恥ずかしさを消すには?」でお伝えしたことに関連することで、植毛手術を受ける際はなるべく植毛手術をしたことを周りの誰にもばれないようにしたいと考えるものです。

特に今まで一人で薄毛の悩みと向き合い、戦ってきた人は最後までばれない様に隠し通したいと考えるものです。

植毛を受けるときに躊躇してしまうポイントの一つがこの「ばれ」の部分です。そのために、なるべく自然に休みが取れる、お盆休みやお正月休みに手術を受ける人が増えるんですね。

では、本題のどうすればばれずに植毛を受けることができるのか?
この部分について考えてみましょう。

方法はシンプルですがいくつかあります。


1.休みを豊富に取る(誰とも会わない時間を作る)
2.カツラを被る(頭部を隠す)
3.周りの髪の毛で隠す
4.頭部を隠す理由を作る

主にこの4つになるでしょう。むしろこれ以外に方法があるのなら知りたいくらいです。

「1の休みを豊富に取る」は先にもお伝えした通り、長期休暇を活かして手術のタイミングを調整することです。長期休暇に有給などを利用してさらに期間を延ばすと術後の頭皮が自然に馴染むまでのダウンタイムを長く取ることができます。

「2のカツラを被る」は読んで字の如くカツラを被ります。ただし、術後1週間はなるべくカツラは被らない方がいいので(移植毛の生着に影響が出る可能性がある)やはり1週間は休みを取った上での週明けからのカツラ利用が理想と言えます。

「3の周りの髪の毛で隠す」はAGAの進行がまだ初期段階の人しか使えませんが、移植前にある程度髪を伸ばしておくことで、移植後は周りの髪で移植部を隠すように髪をセットすると良いでしょう。

「4の頭部を隠す理由を作る」は何か頭を隠さなければいけない理由を作るということです。例えば、頭部が炎症を起こした。怪我をした。などですね。理由によっては一時的に包帯などで頭部を隠すこともできますが、包帯を取った後に「見せて」と言ってくる人もいるので注意。

このような方法のどれかや複合で植毛手術をしたことを気付かれない様にすることもできないこともありません。

自毛植毛体験者のブログなどを読んでみるとだいたいどれくらいでj術後の頭皮が馴染みだすのかを参考として知ることもできるのでそういった実際に体験した人の声を参考にしてみるのも良いでしょう。


目安として、植毛がばれやすいのはかさぶたが残っている期間です。かさぶたが一通り落ちてしまえば移植部に関しては植毛した痕跡はほとんどわからなくなるのでかさぶたが落ちるまでの期間、だいたい1~2週間を隠し通すことができれば、その後は余程まじまじと頭皮を見られることがない限りは植毛手術がばれることはないでしょう。


なので一番いいのは1と3の組み合わせです。
なるべく長期の休みを取り、坊主ではなく、多少髪を伸ばした状態で手術を受けることでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。