スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄毛は早期対策・早期治療!なるべく早く始めた方がいい理由

これは植毛に限らずですが、植毛をはじめとする薄毛対策は薄毛が気になり出したのであれば早急に始めるのが望ましいものです。

そもそも、「薄毛が気になる」この状態になるのは、薄毛・AGAがある程度進行したために起こっている悩みです。一般的に本来の密度を100%ととした場合、薄毛が気になり出すのは50%を下回った頃だと言います。

70%や60%ではなかなか気づけないほど変化が起こりにくく、全体にボリュームダウンし、50%を切った頃にやっと自身で気づき始めるのが薄毛症状です。さらに、薄毛は進行性の症状のため、放っておけば日々薄毛は進行していくものです。勝手に止まってくれることはありません。(円形脱毛症などの場合は時間が経てば治りますがAGAは止まりません)

そのため、気づいたときすぐに、または、気になり出す前に対策を始めるのが理想なんです。

ただ、薄くなっていると気づいていない段階で薄毛対策を始めることができる人は少なく、どうしても対策や予防が後手に回る人がほとんどです。

気付いても隠す方向に動いてしまうのも対策を遅らせる原因ですが、これは薄毛は恥ずかしいという文化、共通認識があるためどうしようもないことです。(自分が吹っ切れてしまえば別ですが)

植毛は薄くなった場所に健康な髪を移植することで髪の毛を増やす、ある意味で増毛的な効果が期待でき、現在ある薄毛治療の中でも最も確実性の高い方法です。薬やメソセラピーなどの薬・薬剤による治療は回復までの効果はあまり期待できず、効果を実感できるのは実践者の半数にも満たないのが現実です。90%とうたっているクリニックなどもいますが、あれには目に見えて効果を実感できていない、効果があった気がする人も含まれているためあまり信用はできません。また、人はお金をかけて行ったものに価値を感じてしまう傾向があるのもその要因の一つでしょう。

薬などによる薄毛治療はあくまでも現状維持で回復はになっていません。このことからもわかるように、現状維持はできるので早期対策、早期治療であれば、薄毛の進行を一時的に遅らせることができるということでもあります。

植毛をするにしても、薬による治療を行うにしても、早期対策、早期治療は重要で、早ければ早いほど良いので迷ったとき、判断できないときはまずはクリニックの無料カウンセリングなどに出向いてみることをおすすめします。スタートを間違ってしまわないためにも重要なことです。

ある程度進行した薄毛の場合は、植毛+薬など、植毛を行った上で対策を続けるのも回復の実感を得ながら、今後は予防的に薬を使うこともできるためおすすめです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。